VCSとアライアンス契約を締結いたしました。

HOME / ニュースリリース

VCSとアライアンス契約を締結いたしました。

2017年12月13日


中国上海を拠点に日系メーカーのEC支援を行う株式会社unbot(本社:渋谷区、代表取締役社長:中町秀慶、以下、unbot)は、益峰客戸关系管理(上海)有限公司(Value Communication Services (Shanghai) Inc.以下、VCS)とアライアンス契約を結びました。

 

unbotは、コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)の中国現地子会社である益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc. 以下、VCS)とEC関連サービス分野で提携することになりました。
unbotの中国現地子会社である想出网络科技(上海)有限公司(英語名:unbot inc.以下、想出)は、VCSとの間でアライアンス契約を2017年12月8日に結びました。

 

アライアンスの背景と狙い

中国のEC市場規模が拡大する中、EC事業成功のポイントは、戦略的なEC店舗運営(サイト構築、カスタマーサポート、プロモーションによる集客など)が鍵になってきます。

 

unbotではこれまで自社でカスタマーサポートを設けておりましたが、自社でのヒューマンリソース

が限られている課題を解決すべく、よりスピード感を出して高度なカスタマーサービスを提供するために、この度、コールセンター事業を通じたカスタマーケアやセールスサポートにより、日系企業や外資系企業の中国事業展開に貢献、実績を積み上げてきたVCSとアライアンス契約を結びました。

 

unbotの中国現地子会社である想出は、2011年9月に中国上海で、日系企業の中国EC事業を支援する企業として創業しました。現在は日本と中国をつなぐ事業を拡大しており、主に中国においてリアル店舗進出の際のWEBプロモーションやO2O戦略など、日本から中国への事業進出支援全般を行っています。

VCSは、2002年の設立以来、コールセンター事業を通じたカスタマーケアやセールスサポートにより、日系企業や外資系企業の中国事業展開に貢献して実績を積み上げており、日本で培ったコンタクトセンター運営や人材育成ノウハウを活かした日本品質のサービスは、中国国内で高い評価を受けています。

中華圏でEC店舗運営のノウハウが豊富かつ、中国独自の文化に適応するデジタルマーケティングの強みを持つunbot及び想出と、中国市場で長年培ってきたカスタマーサポートのノウハウを持つVCSがお互いの事業を補完し合うことで、万全のカスタマーサポート体制を構築し、クライアント様の不安を払拭し、越境EC事業を成功へと導きます。

中国国内において、想出とVCSがビジネスパートナーとしてEC事業の展開を図ります。

 

会社名 :益峰客戸関係管理(上海)有限公司

(Value Communication Services (Shanghai), Inc.)

設立  :2002年7月

所在地 :上海市宝山区真華路1781号

代表者 :董事長 兼 総経理 張 国良

事業内容:CRMコンサルティング、市場調査、営業仲介、EC事業

  • unbotについて(http://unbot.co.jp/)

会社名 :株式会社unbot

設立  :2014年11月

所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-7 ユニバースビルパートII 2F

代表者 :代表取締役社長 中町 秀慶

事業内容:・EC店舗運営サービス

(越境EC店舗運営、中国・台湾国内EC店舗運営)

・デジタルマーケティング事業

(訪日中国人・台湾人向けインバウンドサービス、ソーシャルメディア運営、口コミマーケティングサービス)

子会社 :上海、香港、台湾

【上海子会社】

社名  :想出网络科技(上海)有限公司(unbot inc.)

設立  :2012年8月

所在地:上海市镇宁路465弄161号愚园里6号楼2楼

代表者:代表取締役社長 中町 秀慶

 

■本記事問い合わせ先

E-mail: media@unbot.co.jp

TEL : 03-5413-5318  FAX : 03-5413-5319

窓口:広報担当 上田